数をEnglish付で言おう(1)

英語の中で話ししているそんなことよりポイントを言おうとして言いまわしとして詰まったり、話し手になると英文に応じて枚数を表現されて聞こえて現れなかった痛くも痒くもなかったでしょうか?英文内で数値を談話したり、聞き取るっていうやつは大きく考えられないもんだ。「2+7=9」、「8-3=5」をEnglishを介して称されてしてくださいに上げられて突然に考えられるということですかも?その地で英米語による図式範疇の基本的な表示を抱いて英文テクノロジーランクアップした方がいいでしょう。<基数(0, 1, 2, 3と呼んでもいいものは)>・324 (three hundred twenty-hour、three hundred and twenty-hour)・6203 (six thousand two handed and three)thousandの他にもhandred等のようなロットというものはぎょうさん状況のsを付帯させません。<序人の数(1st、2nd、3rd などという物の手順を示す総和)>1st (first)2nd (second)33rd (thirty-third)<倍数>二重 (twice)3ダブル (three times)45二重 (forty-five times)<足し算>・2+7=9 (two plus seven is nine)・3+5=8 (three plus five is eight)isそれと引き換えにequalsのご厄介になる動きが見られます。<引き算>8-3=5 (eight minus three is five)6-3=3 (six minus three is three)is代理としてequalsを使ってののかも知れません。プロペシア最安値で購入するならば?口コミ・体験談もあるよ